もち麦は日本のスーパーフード!

投稿 2017-06-22 15:59:23

最近麦ごはんが日本のスーパーフードとして大注目されているのだろうです。といっても、一般的な麦とろご飯に使われている麦とは別なのです。一般的な麦とろに使われているのはうるち性の「押し麦」で、スーパーフードとして注目されているのは「もち麦」。麦にも米と同じようにうるち性の麦ともち性の麦があるのです。「もち麦」はその名の通り、もちもちでプチっとする歯ごたえが特徴です。

もち麦はなんと白米の25倍くらいの豊富な食物繊維を含んでいます。この食物繊維は水溶性の「β-グルカン」と呼ばれるもので、糖質・脂質の消化吸収を遅らせる効果があります。そのため、急激な血糖値の上昇や悪玉コルステロールの上昇を抑えることができ、中性脂肪の吸収も防げます。しかもカロリーは白米よりもずっと低いです。つまり、ダイエットに最適な主食なのです。

もち麦には鉄や亜鉛、マグネシウムなど、ミネラルも豊富に含まれています。ビタミン類やたんぱく質の含有量も豊富です。便秘の解消や、生活習慣病の予防など、嬉しい効果がたくさん期待できますよ。まさにスーパーフードですね!

もち麦の魅力は、お米と同じように炊くだけでOKという、調理の手軽さにもあります。ただでさえミネラル不足になりやすいこれからの季節、白米にもち麦を混ぜていただいてみてはいかがでしょうか?

秋には、サンマで美肌を手に入れよう

投稿 2014-09-03 12:43:44

サンマは「秋刀魚」とも書くように、これからの時期が一番脂がのって美味しくなります。しかも、サンマは健康に良い栄養素を豊富に含んだ、夢のような魚で、皮から肝まで余すところなく食べられるんです。勿論、美容面でも優れていて、美肌づくりにとても効果があります。

サンマの身は、必須アミノ酸を含む良質なタンパク質で、鉄分なども豊富に含んでいます。また、その脂には、EPAやDHAと呼ばれる血流をサラサラにしてくれる成分が含まれています。鉄分はコラーゲンの生成に不可欠な栄養ですし、EPA・DHAの働きは、美容に関する様々な働きをサポートしてくれます。

このように、サンマは身だけを食べても、これだけ健康・美容にいいんです。しかし、美容のことを考えるなら、サンマの「ワタ」と「皮」も食べておきたいところです。

特に、「ワタ」は美肌づくりに必要なビタミン類をたくさん含んでいます。中でも、レチノールと呼ばれるビタミンAの仲間は、コラーゲンを増やす働きを持っています。弾力のある、瑞々しい肌を手に入れるには是非食べておきたい部分です。

ただし、サンマは鮮度が良くなければ、ワタまで食べることはできません。いいとこどりをしたければ、サンマは新鮮なものを買って、早めに頂くようにするといいでしょう。

ナスをいつ食べるの?秋でしょ!

投稿 2014-08-27 12:11:25

そろそろ秋に差し掛かり、季節の変わり目に健康状態が落ち込んでいる人も多いことと思います。こう言う時は、旬の食材を取り入れるようにして、栄養をしっかりと補給することが大事です。

そして、秋といえばオススメなのが「ナス」です。ナスは食べようと思えば、年中手に入れることができますが、これからが旬になるので栄養価が一番高くなります。

ナスには、「カリウム」や「ナスニン」といった成分が含まれています。カリウムはミネラルの一種で、夏場は汗とともに流れ出るため、不足しがちな成分になります。もし、夏からダルさが抜けないようであれば、それはカリウム不足が原因かもしれません。豚肉などと一緒に、ナスを食べるようにすれば、こうした夏特有の症状を解消することができます。

また、「ナスニン」というのはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持っています。シミやシワ、そばかすなどに効果があるので、夏で傷んだ肌をケアするにはピッタリな成分です。こちらは、ナスの独特な紫色を生み出す成分なので、摂取したい時はナスの皮を食べる必要があります。

ナスは、そのほとんどが水分で出来ているので、体にはたいへん優しい食材です。なんだか食欲が出ないというときも、ナスなら無理なく食べることができると思いますよ。

夏の食事には、きゅうりを添えると吉

投稿 2014-08-12 12:33:09

夏の暑さもついにピークを迎えましたが、この時期にはどうしても体調を崩す人が増えてしまいますね。室内にいても温度が高くて、熱中症気味になってしまう人もいますし、かと言って水分補給もし過ぎれば、体がむくんだり、消化不良をおこしてしまったりします。

そんな、まさに夏バテを引き起こすシーズンには、料理に”きゅうり”を混ぜてみるといいかもしれません。きゅうりといえば、栄養価があまり高くないことで有名ですが、実は夏に健康を維持するには効果的な食材だということがわかっています。

よく言われているのは、きゅうりを食べると体温が下がるというものです。これは科学的にはまだ立証されていないのですが、確かなのは、きゅうりに利尿作用があるということです。きゅうりはそのほとんどが水分で出来ている上、利尿成分であるイソエルシトリンも入っているので、排尿により体温が下がると考えられているのです。また、それだけではなく、体の余分な水分と共に、体の老廃物を排出するのを手伝ってくれるので、美容にもいいとも言われているのです。

ですから、夏バテした時には、トマトなどの夏野菜と一緒に、きゅうりの和物などをいただくといいかもしれません。勿論、きゅうりを一本丸かじりするのも乙ですよ。

夏には、リンゴを一日一個たべよう

投稿 2014-07-04 12:56:08

2014年も、ついに7月が始まって、夏もそろそろ中盤に差し掛かろうとしています。日差しの強さや暑さも右肩上がりで上昇していて、直にピークに差し掛かる頃合ですが、皆様は健康管理はしっかりと出来ているでしょうか?

特に、女性は夏になると、健康と同時に美容も崩しがちです。室内外の激しい温度差で身体の機能は弱りますし、夜はなかなか寝づらくって疲労も溜りますから、体調不良からの肌トラブルなどを引き起こしがちです。また、外出時には強い紫外線に当てられて、肌へのダメージが蓄積し、くすみやそばかすなどにも悩まされます。

そんな美容と健康にとって厳しい夏を簡単に乗り切れる方法はないものか、と女性なら誰しも考えるのではないでしょうか?―――実は、リンゴを一日一個食べるだけで、これらの問題を一気に解消することが出来るのです!

リンゴには、疲労回復効果で夏バテ予防になる「リンゴ酸やクエン酸」、腸を初めとした体全体の調子を整えてくれる「ペクチン」、身体の免疫力を高めてくれる「ビタミンC」など、健康を整えてくれる栄養素が沢山含まれています。さらに、リンゴの赤い色素であるポリフェノールには、メラニンを抑制し、しみやそばかすを予防する効果まであります。まさに、リンゴは夏の女性の悩みを解決するのにピッタリな食材といえるのです!

しかも、リンゴの栄養素は調理したりしても失われにくいのですから、リンゴを擦ってヨーグルトと合わせたり、隠し味として料理に入れてみたりすると、毎日飽きずに食べられるのではないかと思います。

トマトで夏を健康的に乗り切ろう

投稿 2014-06-20 12:14:48

夏もまだ始まったばかりで、これからますます暑くなってきますね。これから7月、8月と真夏に差し掛かり、猛暑にあてられる日々が続きますが、この時期は人の免疫機能は下がりがちで体調を崩しやすいです。

私の場合、夏の暑さがピークに達すると、食欲がなくなったり疲れやすくなったりして、健康面を悪くしがちです。健康面が悪いということは、つまり美容面でも悪いということですから、今年こそは健康第一で夏を乗り切りたいものです。

そこで、私が夏の暑さ対策で目をつけたのが”夏野菜”です。夏野菜は旬の食材で栄養価が高いので、夏の健康対策としてはもってこいの食材だと思います。その中でも、いま私が積極的に取り入れているのが「トマト」なのです。

トマトには食物繊維(ペクチン)やビタミン類、ミネラル類などの栄養素が豊富に含まれています。特にビタミン類として、疲労回復に効果のあるビタミンB2、生活習慣病に予防効果があるビタミンC、胃を保護してくれるビタミンB6などを含んでいますから、健康面で強い味方になること間違いなしです。

また、美容面でも、トマトの真っ赤な色を生み出しているリコピンという成分が、夏の一番の悩みであるシミやソバカスの予防に効果があるそうです。

トマトと他の夏野菜と組み合わせて、夏野菜の料理を作れば、美味しくトマトの取り込むことが出来るんじゃないかと思います。私としては、夏野菜カレーが最適の逸品だと思ってます!

グレープフルーツで健康維持を

投稿 2014-03-06 09:12:04

一時期、とても流行っていた「グレープフルーツダイエット」。いつしか、注目を集めなくなりましたね。本当に効果がそこまで期待できなかったのかと思ってしまいます。

グレープフルーツだけを食べていれば、ダイエットになるというわけではありません。今、ダイエット以外の効果もある事から「健康維持」のために続けています。

健康にいい理由は「ビタミンCが多い事、美白効果やコラーゲン生成」といった肌にとてもいい成分を含んでいるのです。

肌にいいというのは、見落としがちかもしれませんが「健康にいい」と同じなのです。なんで?と思うでしょう。肌は健康のバロメーターの役割とも思えるはど、はっきりわかるのです。

健康な人の肌ってすごく肌質もよくて憧れるような肌ではありませんか?不健康そうな人の肌はちょっとなと思うでしょう。「ダイエットする」と意気込まずに、健康維持の為にと思えば、グレープフルーツを食べてない日があっても気持ちが違いませんか?

健康であることが一番の美容法なのかと思います。グレープフルーツは風邪の予防にもいいんですよ。

大人ニキビに効果的な栄養素とは

投稿 2014-03-04 01:51:11

大人ニキビというのは怖いものです。それが出来るだけでなんだか汚く感じられてしまいますし、毎日歯だの手入れをしていないようなだらしのない女だと思われかねません。

また、この大人ニキビが壊れてしまうと痕になるという可能性もあります。そうすると、ずっとそのニキビ跡が残ることになりますので、美容の天敵となってしまうのです。

こうした大人ニキビをなるべく出来ないようにするためには、適切な栄養素をとる必要があるとして、私は美容のためにビタミンCをなるべく多く摂取するようにしています。

レモンなどに多く含まれているわけですが、レモンを丸ごとかじるわけにはいけません。ですから、サプリメントを利用したり、あるいはレモン果汁などを毎日の料理にほんの少し含むというようなことでビタミンCをなるべく多く摂取をしているのです。

それのおかげで、ニキビも殆どできずに、美容的にはとても満足した毎日を過ごせているというわけなのです。

ヨーグルトを朝食べる様になってから身体が楽になった気がします

投稿 2014-02-25 11:43:47

私は多くの女性と同様、便秘の悩みを抱えていました。

慢性的に便秘がちだといつもスッキリしなくて身体が重い感じがしますし、便通が悪いと代謝も悪くなってしまうようで、毎日の疲れも取れないし肌は荒れてくるしで本当に悩んでいたのです。

身体の代謝を良くして便秘や肌荒れを解消するには、エステサロンなどでマッサージをするのが効くと聞いたのですが、今の生活の中、エステサロンに通うのは時間的に厳しいのが現実でした。

何か時間とお金をかけずに美容と健康に良い方法はないかとあれこれ調べてみたところ、やはりヨーグルトと言う単語を良く目にしたので、試してみることにしました。

それまでもたまには食べていましたが、ヨーグルトを毎日食べると言う習慣は無く、美容や健康への効果も半信半疑だったのですが、毎日朝ヨーグルトを食べるようになってからと言うもの、以前と比較して便秘もマシになり、身体が楽になってきた気がしています。

その上、ヨーグルトのお陰で毎日朝食をとる習慣が付いたので、美容や健康だけでなく活力にも繋がっています。

イソフラボンを摂取できるとっておきの美肌レシピ

投稿 2014-02-17 11:14:58

美容の為ならず、更年期障害などを防ぐことができる栄養素のひとつにイソフラボンがあります。肌のみずみずしさを保ったり、あるいは病気の予防になるというものですので、美容と健康のためになるべくイソフラボンを摂取するようにしています。

イソフラボンは大豆に多く含まれていますので、毎日のレシピにそうした大豆の含まれた料理を加えるようにすれば簡単にイソフラボンを摂取することができるようになります。

例えば朝食に、毎日のレシピに加えてもう一品、納豆や豆腐を加えるということだけで、随分と変わってくるのです。

そうした一品加えるということだけならば、なんの手間もかかりませんし、簡単に摂取することが出来ます。また、豆腐などの食材ならば、カロリーも低めですので、体重が気になるというような方にもおススメができるのです。

そうしてイソフラボンをなるべく摂取するようにすれば、美容に対してとても良い影響を与えるということになるのではないでしょうか。